東南アジア周遊

【実体験】ラオスからベトナムにバスで移動する方法を解説。あまりおすすめはしないかも!

疑問くん
  • ラオスからベトナムにバスで移動するのはどうやってやるの?
  • ラオスからベトナムにバスで移動するのはあり?

今回はこういった疑問に答えていきます。

この記事を最後まで読めば以下のことがわかります。

この記事を読むとわかること

  • ラオスからベトナムにバスで移動する方法と料金
  • ラオスからベトナムにバスで移動するのはありか
  • ラオスからベトナムのおすすめの移動手段

早速説明していきます!

ラオスからベトナムにバスで移動する方法と料金

早速ですが、まずはラオスからベトナムに移動するときの概要を紹介します。

僕は、ラオスの首都「ビエンチャン」からベトナムの「ダナン」にバスで移動しました。

もともと「バンビエン」というバックパッカーに人気の場所に滞在していましたが、そこからベトナムに向かうにあたって再度「ビエンチャン」に戻ってきた形になります。

※バンビエンはめちゃめちゃおすすめの場所なので、時間があったらぜひ調べてみてください!

路面店でバスのチケット購入

ビエンチャンの路面店にてバスチケットを購入します。

バスチケットが売っているお店かどうか調べるためには、お店の前にある看板にバスの写真が載っているかそうではないかでは判断することができます。

バスの写真が貼っているお店に入ったら、「To Danang Vietnam」と店員に言いましょう。
英語がわからない店員が多いので、Google翻訳にて「ダナン行き」と表示するとより親切かもしれません。

バスチケットの値段

僕がバスチケットを購入した時の値段は50,000キープでした。
日本円に直すと、500円くらいですね。

安すぎますね!

バスの中の様子

500円で国境を超えて乗れるバスってどんな感じなんだろうと思って、いざバス乗ってみると衝撃の光景でした。

一人一つの超狭い座席があって、そこに寝そべりながら移動するというバス。

僕は身長170センチくらいなのですが、そんな僕でも足を全部伸ばせないほどの広さでした。

また、バスの中の匂いはかなりきつく、毛布等がちゃんと洗濯されている感じではなかったので潔癖の人には厳しいかもしれません。

バスの移動時間

バスの移動時間はなんと24時間、まるまる一日でした。

詳しいタイムラインは以下のような感じです。

  • 昼過ぎ:ビエンチャンをバスが出発
  • 20時過ぎ:謎のところで下され、そこでご飯
  • 翌朝5時:ベトナムの国境に到着
  • 翌朝7時:ベトナムの国境を歩いて渡る
  • 昼過ぎ:目的地ダナンに到着

ちなみに500円のバスチケットの中にご飯代は含まれておらず、別途で支払いでした。
無料のご飯かと思ったのですが、騙されていたようです。

奥にあるのが、僕が乗っていたバスです。

ダナンに到着

無事にダナンに到着することができました。

ダナンはビーチで遊ぶことができ、ちょっとしたナイトライフもあるのでバックパッカーのルートとしておすすめですよ。

ちなみに僕はこのダナンを経由してホイアンやホーチミンに行きました。

ラオスからベトナムにバスで移動するのはありか?

結論を言うと、「あまりおすすめできません」というのが正直なところです。

疑問くん

じゃあ何がおすすめなの?

ぶっちゃけ、鉄道での移動がおすすめです。

実はラオスからベトナムへの陸路での移動手段として、バスのほかに鉄道があります。

鉄道がおすすめの理由①:寝台列車になっている

鉄道はバスよりも値段は高いのですが、寝台列車となっており、ちゃんとベッドで寝ながら移動することができます。

バスで移動すると確かにお金をセーブできるのですが、次の日は体がバキバキになってやる気が出ないので、それであれば電車での移動がベターかと思います。

寝台列車はしっかりと睡眠をすることができるので、次の日もちゃんと動けます。

鉄道がおすすめの理由②:トイレがついている

鉄道にはトイレがついていますが、バスにはトイレがついていません。

そのため、バスに乗っている途中にトイレに行きたくなっても次のトイレに行けるのが4時間後だったりしました。

僕個人的な意見としては4時間以上トイレを我慢するのはかなり苦痛だったので、この点においても鉄道がベターです。

鉄道をおすすめする理由③:ご飯が買える

鉄道の場合は途中の駅で止まった時に、その駅でご飯が買えます。

対してバスの場合には、途中で強制的に決まったご飯を食べなくてはいけません。
少なくとも僕の場合はそうでした。

どうせならご当地の美味しいご飯を食べたいですよね。

なので、この点においても鉄道が勝っています。

鉄道の乗り方

鉄道に乗るためには、鉄道の駅に行く必要があります。

鉄道の駅はターナレーン駅というところで、そこから鉄道に乗れます。

首都のビエンチャンからすぐのところにあります。

鉄道の駅についたら駅員にベトナム行きの電車のチケットを買いたいと伝えることで、チケットを購入することが可能です。

まとめ

今回はラオスからベトナムに移動する際に使ったバスのこと、そしておすすめ移動手段である鉄道について紹介しました。

この記事を読んでいる皆さんは東南アジアを周遊しようと考えている人かもしれません。

ラオスはとてもおすすめの場所なので、ぜひ行ってみてください!

それではまた。

ABOUT ME
学生バックパッカーズ
TomokiとHibikiの2人の大学生駆け出しノマドワーカーが運営しています。どの旅行系サイトよりも正直に「安い」ところを解説します。